トイプードルLAMYちゃんとの生活♪

9歳のラミーちゃんの健康状態

10日、ラミーちゃんの健康診断をしました。


もう、9歳なので本格的な健康診断です。
全身をCTで細かく見て頂きました。
全体の血液検査も全て。




結論からいうと、
とても健康でした♪
気になっていた胆嚢も大丈夫でした。


しかし








長年の引っ張りっこで
前の下の歯が少しグラグラになっていたことが判明ーー;
(放置することは犬にとっては痛い思いをするだけだと言われました。)


結果2本も抜くことになってしまいました(T_T)
ごめんねラミーちゃん。。



ちなみに、CTではどの歯が歯周病になっているか・なりかけているかもわかります。
よく、麻酔なしで歯をキレイにしてくれる医者がいますが・・
気をつけてください。
いずれ、キレイだと思っていた歯が抜けます。




何故なら表面的な(美的)処置しかしてくれないからです。
大事なのは表面だけではなく、
歯周ポケットまでキレイにすることです。
これを麻酔なしで奥歯までやることはとても難しいと思います。
やっているとしたら拷問的な痛さでワンちゃんは泣いています。




犬にとっては恐怖でしかない出来ごとで
多大なストレスを感じていると思います。





以前、私もラミーちゃんが6歳の頃、
無麻酔でやってくれる病院で1度だけ
本格的にやって頂いたことがあるのですが、
初めてラミーちゃんの「悲鳴」を聞き
涙が止まりませんでした。




無麻酔で安心・と言っている病院は、
犬を預けてから数時間後に迎えに来てください・と言います。
何故なら、そんな声を聞かせたくないからだと思います。






ちなみに、
歯の全身麻酔は2・3時間で目を覚ます軽いものなので思っているよりも安全です。
身体に対する負担が少ないので、老犬でも大丈夫です。




ラミーちゃんはこのままいけば、
ずっと他の歯は残していけると言われました。



歯周病で歯が抜けると
可哀想な症状がたくさん出てきます。
内臓もやられます。
結果、色んな病気になります。
そうなるとどうなるかわかりますよね?



うちの犬は歯磨きが苦手だから・とか
年だから抜けるのは仕方ないわ・と思うのは
飼い主の都合が良い言い訳です。




後悔しないためには、
歯磨きをしっかりとネ♪




4歳を過ぎたらまず、CTで歯の状態を確認することをお薦めします。
2歳を過ぎて突然歯が抜けた・なんて子は歯周病を疑ってください。





歯周病と言われた子は、
1年に1度は麻酔をして
しっかり歯周ポケットまでお掃除してもらうことが
歯を残していけるポイントだと思います。
これをしないと、気がつかないうちに歯周病で歯がボロボロになり
一気に6本も抜歯・・なんてワンちゃんが多いのが現実です。





ちなみに歯磨きは、
歯の表面と、歯茎をマッサージすることが大事です。
歯ブラシより、歯磨き専用のガーゼでやると、
犬も嫌がらないしキレイにできます♪



お薦めはコチラ



9歳にして思うことは、
引っ張りっこなんてしなければ良かったということです。。
大いに反省してますーー;




ママ 「ごめんねラミーちゃん・・。」

ラミー 「また洗い立てのタオルで引っ張りっこしてね。私ボール遊びには興味ないから。」

ママ 「もう2度とやらないわ。もっと安全な遊びを考えなきゃね。」

f0014815_2015575.jpg

by lamymama | 2013-05-14 20:15 | AF-S Micro NIKKOR 60