トイプードルLAMYちゃんとの生活♪

犬のヘルニアの見分け方

7歳になると圧倒的に多い病気が椎間板ヘルニアです。
これは小さい頃から階段の上り下りや
ジャンプなど激しい運動をさせてきたワンちゃんがなりやすい病気です。
(先天的な場合を除く)



脚・腰を鍛える為に、
階段の上り降りをさせてるの♪
なんてことを言う飼い主をたまに見ますが、
小型犬には階段の上り下りは、
脚・腰に負担がかかるだけで
良いことは一つもありません。



犬は我慢強い生き物なので
飼い主さんは、愛犬の様子を日々チェックすることが大事です。



これから椎間板ヘルニアにかかっているかどうかの方法をお書きします。


まず、ワンちゃんの手足を肉球が見えるように、
裏返します。
その時、すぐに戻れば大丈夫です。
↓のように戻らなければ椎間板ヘルニアです。


↓のモデルはラミーちゃんですが、
見本を載せる為、お座りさせたまま裏返し、
「マテ」をさせているのでヘルニアではございません。
テストをする時はお座りではなく、
フツーに立たせた状態でやるのがベストです。
立たせると言っても、仁王立ちではありませんよ^^;
四つん這いです。



f0014815_15474474.jpg



ラミー 「テストに引っ掛かった方はすぐに病院へ行ってね。
     レントゲン撮ればすぐに解るわ。
     ほっといちゃダメよ。」

f0014815_17325680.jpg

by lamymama | 2011-07-12 15:47 | AF-S Micro NIKKOR 60