トイプードルLAMYちゃんとの生活♪

健康拒絶反応を克服!


ラミー 「みなさまお久しぶり。ラミーです♪」

f0014815_19432483.jpg


パパが入院中、
ずっとお家でお留守番をしてくれていたラミーちゃん。
帰国日にパパが不安定狭心症で入院してしまい
夜中に緊急手術という感じだったので、
ラミーちゃんはその日パパとママに会うことが出来ませんでした。



お世話になっていた幼稚園の先生に自宅まで送ってもらい、
やっとパパとママに会えると思っていたのに、
パパとママがいない!
どんなに、悲しかったか・・。



引きとりの際、
妹が対応してくれたのですが、
ラミーちゃんはお家に着くと、
パパとママを探し、いないと解ると、
クゥ~~ン・・・
と泣きながらずっと遠吠えをしていたそうです。
犬の遠吠えは仲間を呼ぶというサインでもあります。


手術が終わり、
お家に帰るとラミーちゃんは、
ずっとずっと、ママの顔を舐め続けていました。
寂しかったのね。(/_;)







パパが退院すると、
ラミーちゃんは大喜びでした。



ラミー 「パパ~!もう身体は大丈夫なの!?」

パパ 「大丈夫だよ。パパはこれから先、生活態度を改めまだまだ長生きするからね。」


ラミー 「頼むわよ。ママと二人じゃ生きていくのが不安でしょうがないわ。」
f0014815_20365885.jpg



パパが退院し、
lamy家は180度生活が変わりました。



まず、lamymamaは夜行性から脱皮し、
朝がた人間に大変身!


どんなに遅くても夜は11時半には就寝。
朝は6時半にはお目覚め・といった
lamymama関係者が知ったらバック転しちゃうくらい
驚くような人間に生まれ変わりました¥


そして、なんと!睡眠薬の量も、
今まで3錠だったのが1錠の半分(2分の一ともいう。)
まで減りましたの。
(誰か褒めてください。笑)



それだけではなく、
3食、栄養のバランスを考え、
お野菜とお魚中心で摂取カロリーを守り、
塩分も1日6gに抑えた料理を毎日作っています。
この私が。


パパの動脈硬化がこれ以上進行しないようにするには、
ママが規則正しい生活に切り変えなければ
始まらないので、ママは自分を変えることからスタートしました。





最初は、「健康拒絶反応」を起こしていましたが、
今は、この生活が快適に楽しく感じられるようになりました。
やっと、自然のリズムに乗れたのでもう2度と落ちないようにしたいと思います。



3食きちんと栄養のバランスを整えた食生活をおくると
体調も良くなり痩せるというのはホントね。


今までは、
ランチは、ほぼ毎日外食・食後にはスイーツ・夜は週2日は焼き肉
といったステキな生活を送っていましたが、
今は外食は週1回!


あ~、なんて爽やか健康生活~♪



外食は楽しくて美味しいけど、
塩分が高い!
美味しいものほど高いです。




健康な人間でも、1日の摂取塩分量は10g以下。
高血圧の人は6g以下と言われているのに、
外食は1回の食事量で簡単に5g以上超えてしまいます。
ホントの意味での「塩分控えめが大事」だということは、
病気になった人しか、ちゃんと見直せないものかもしれませんね。。


今までも塩分控えめには気をつけていたつもりですが、
「つもり」でしかありませんでした。


ちょっとした調味料にも塩分はたくさん含まれています。






パパの病気は辛い経験ですが、
生活改善をすることが出来ました。



パパも、腹8分目を守り、
ご飯を残すことを覚えてくれました。
昔の人は、ご飯を残すのはもったいないと思うみたいで、
いつも、お腹がパンパンになっていたパパ。
(ママもですが^^;)
 

味付けも薄味に慣れてくれ、
外食でもご飯を残すことを覚えてくれたパパ。
今が一番健康的な生活をしているlamy家です。
パパは少しずつですが体調を戻して元気になってきています。
しっかり管理しなきゃ。







只今、メールのお返事、
順番にお返しさせていただいております。
by lamymama | 2010-07-04 22:03 | AF-S Micro NIKKOR 60